ロゴマークとロゴタイプについて


ロゴ制作ガイド


ロゴマークとは

ロゴマークとは簡単に言ってしまうと、会社のイメージを具現化した会社のシンボルデザイン(図案のデザイン)です。ロゴマークには企業理念やコンセプトなどをデザイン的に落とし込んで表現していきます。何十年と永く使用する事を前提に考えて作成するロゴマークは、印象に残り枯渇しないデザイン性が求められます。流行を追求してしまうと数年後には逆に古くさく感じてしまうようなデザインではロゴマークとしては通用しません。その為にロゴマークデザインの作成には度重なるデザインの調整等が行われる事も少なくありません。最近ではコンペ形式などでロゴマークのデザインを募集してロゴマークを決定する事も多いようですが、その際にもロゴを決定した後に、将来的な事も考えて細かい調整などが必要になってきます。実際に初見だけで決めてしまうという事はロゴマーク制作においてはあまりおススメできまるものではありません。長く使用できるロゴマークとはしっかりとデザインを詰めて納得のいくデザインのロゴマークを完成させるという事が重要になります。永く使用するロゴマークだからこそ判断を誤らないようにしたいものです。

ロゴタイプとは

一言で言ってしまえば、社名や店名、商品名などの文字のロゴデザインです。会社名や店舗名、商品名などのネーミングを読めるという事を前提にデザイン化したものがロゴタイプになります。ロゴタイプはロゴマークと組合わせて使用する場合も多く、一目で識別できるような役割が求められる事から読めることを前提にロゴタイプをデザインしていきます。その為、単にビジュアライズされただけのデザインではなく使われ方等様々なシチュエーションを想定して作成していきます。既製書体をロゴタイプとして使用する企業も少なくはありません。パナソニック、マイクロソフトなども規制のフォントを使用しているようです。既製フォントをロゴタイプとして使用する際には著作権に注意する必要があります。商標登録をしなければロゴタイプとして使用しても問題ないが、商標登録をする事ができないフォントなどもあります。